リデン育毛剤(養毛剤)の効果は本当なの?副作用のかゆみはあるの?

「リデン育毛剤(養毛剤)の効果って実際どうなんだろう?」

リデンの情報を知ってあなたはそう思ったかもしれない。それに、「副作用のかゆみなどはあるのか?」も気になっているかもしれない。

確かに、育毛剤は薄毛で悩む人には欠かせない最高の救世主である。しかし、これまで星の数ほどの育毛剤が発売されてきたが、効果を実感できたものはいくつあっただろうか。

しかし、リデン育毛剤(養毛剤)はこれまでの育毛剤とは違う部分がある。それは、主成分である「リデンシル」だ。

「リデンシル」は、髪の毛サイクルに直接働きかけ修復する作用がある。

髪の毛サイクルは、毛が成長する成長期・退行する退行期・毛が抜ける休止期で構成されている。

薄毛になる人の頭皮は、髪の毛が抜ける休止期が長くなり、髪の毛を成長させる成長期が短くなっているのが特徴だ。

髪の毛サイクルが異常をきたす原因には、日頃のストレスや偏った食事などがあげられる。

髪の毛に悪い生活習慣を続けることで、髪の毛サイクルはどんどん狂ってしまう。

あなたにも思い当たる節があるのでは無いだろうか?

そして、髪の毛サイクルを本来の正常な状態に戻してくれるのが「リデンシル」のDHQGという効果だ。

※2017年1月現在、リデン育毛剤は正式にはリデン養毛剤である。2017年9月に医薬部外品(薬品)に切り替わる予定だ。そのため当サイトでは、育毛剤と養毛剤の併記することとする。

 

↓↓↓公式サイトはコチラ↓↓↓

リデンシルが髪の毛サイクルを修復する研究データ

ここからは専門用語で少し難しくなるかもしれないが、頑張ってついてきて欲しい。

「リデンシル」の効果を研究した臨床試験では、DHQG成分が「頭皮にどのような影響」を与えるかを調べたものがある。

線維芽細胞(せんいがさいぼう)を健康に保つことができれば、丈夫な髪の毛が生えてくる。線維芽細胞を簡単に言うと真皮(皮膚の本体)を作り出す細胞のことだ。

ここでは、その研究結果をご紹介しよう。

画像の左側にbFGFという成分がある。これは、簡単に言うと「髪の毛が生えてくる細胞を増殖させる効果」があるものだ。それを「リデンシル」のDHQGと比較したのである。

このデータから、50μMのDHQGが10ng/mLのbFGFよりも高い生存率があることが分かる。

「なんだ、bFGFとそんなに違いは無いじゃないか」と思うかもしれないが、bFGFは美容整形外科でのヒアルロン酸注入などで摂取するので費用がぜんぜん違う。私は注射は嫌いなので、頭皮に注射すると考えるだけでも恐ろしいのだ(泣)そもそも、そういったタイプを求めている方はAGAクリニックに通ったほうが良いのかもしれない。

話を戻すと、「リデンシル」のDHQGには、頭皮に塗るだけで髪の毛細胞を増やす効果がbFGFよりも高いことが分かったのだ。

嬉しい効果はまだあるので、頑張ってついてきて欲しい!

リデンシルが頭皮の炎症を改善する研究データ

実はリデンシルには、髪の毛サイクルを修復する効果だけでなく、頭皮の炎症を抑えるEGCG2という成分も含まれている。

髪の毛サイクルに異常をきたすということは、頭皮の炎症を併発していることが多い。

私は以前、美容師に「頭皮が赤くなっていますね」と言われたことがある。自分では意識していなかったが、既に頭皮の赤信号が点灯していたわけだ。

あなたにも思い当たる節があるのではないだろうか。

頭皮が炎症を起こしている時は、非常にデリケートな状態なので髪の毛が抜けやすい。

シャンプーをゴシゴシやるだけでも簡単に髪の毛が抜けていってしまう。

頭皮が炎症を起こした状態を続けていれば、ハゲるのは当然なのである。

 

話をもとに戻すとしよう。

この研究では、EGCG2がIL-1β(頭皮の炎症)に対する作用を調査したものである。

この研究データから、「リデンシル」を塗ることで約21%の回復が見られたのだ。

頭皮が炎症を起こしてる時は、育毛剤を付けて良いのか判断に迷うことも多いが、リデン育毛剤(養毛剤)の場合、大いに活用しても大丈夫だという事が分かる。

頭皮の炎症がおさまれば、それだけで抜け毛を減らせるのだ。髪の毛を生やすことばかりに意識が向かいがちだが、貴重な髪の毛を残すことも重要だ。

 

↓↓↓公式サイトはコチラ↓↓↓

リデン育毛剤(養毛剤)に副作用のかゆみはあるのか?

育毛剤を使う上で一番気になるのは髪の毛が生える効果だが、副作用も同様に気になる要素だ。

頭皮はとてもデリケートな部分であるから、人によって合う・合わないがあるのは仕方がない。

特に、海外の育毛剤や育毛サプリなどは、日本と違い効果が強烈で副作用も多い。

しかし、リデン育毛剤(養毛剤)はそれらとは全く違う。実際に「リデンシル」の効果を調べた臨床試験では、副作用は一切報告されていない。

もともと髪の毛サイクルを修復したり、炎症を抑えて回復するのが目的の成分なので、かゆみなどの副作用は起こらないのだ。

「それならリデンは安全なんだな」と思うかもしれないが、やはり人によって合う・合わないはあるので、実際に使ってみるしか無いのである。

リデン育毛剤(養毛剤)は、副作用などで合わなかった人のために、30日間の完全返金保証を付けている。

自分に合わない製品を使い続けるわけにもいかないし、使用済みの育毛剤をオークションで売れるはずもない。

返金保証があるだけで安心して買うことができるのは、我々にとって嬉しいメリットである。

リデン育毛剤(養毛剤)を試してほしい

これまで、リデン育毛剤(養毛剤)がほかの育毛剤と違う部分を説明してきた。

主成分である「リデンシル」が、髪の毛サイクルを修復し、頭皮の炎症を抑える効果があるのは臨床試験で実証済みだ。

もし、あなたがここまで読み進めたのなら、是非ともリデン育毛剤(養毛剤)の効果を実際に試して欲しい。

髪の毛が生えてくることで人生がどれだけ豊かになるかは、あなたが一番分かっているはずだ。

風が強い日に髪の毛を気にする必要もなくなる。カッコイイ髪型で女性にモテるようになるかもしれない。

自分に自信が持てるようになり、これまでの生活が一変するはずだ。

 

リデン育毛剤(養毛剤)は、今なら30日間の完全返金保証を付けている。

もし自分に合わないと思えば直ぐにでも返金してもらえばいい。

「返金保証があるなら試しても良いかな」ってあなたは思っているかもしれない。

そう、人生を変えられるのは実際に行動した人だけだ。

リデン育毛剤(養毛剤)を使って、自分の未来を切り開いてもらいたい。

 

↓↓↓公式サイトはコチラ↓↓↓

3ヶ月リデンシルを使った結果

これは3ヶ月間、リデンシルを使い続けた人の画像である。

左から、28,200本、25,800本、17,400本の髪の毛の増加が見られた。3人ともに17%の毛量増に成功しているのだ。

これはとても凄いことである。

とくに、注目してもらいたいのは年齢だ。

全く異なる年代であるが、髪の毛サイクルを修復することで3人とも同じ効果が得られたのだ。

体を鍛えて筋肉をつけるのに年齢は関係ないと言うが、育毛も年齢は関係ないのである。

実際に育毛剤を使った人だけが、薄毛を克服できるのだ。

 

↓↓↓公式サイトはコチラ↓↓↓